USBメモリのセキュリティ対策の再確認を、IPAが11月の呼び掛け  ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

USBメモリのセキュリティ対策の再確認を、IPAが11月の呼び掛け

USBメモリのセキュリティ対策の再確認を、IPAが11月の呼び掛け


情報処理推進機構(IPA)は2日、2008年11月のウイルス・不正アクセスの届出状況を発表した。

 ウイルスの届出状況は、検出数が約25万6000個で、10月の約27万2000個から6%減少。届出件数は1830件で、10月の1839件とほぼ同数となった。検出数が最も多かったウイルスは「W32/Netsky」の約14万個で、以下は「W32/Autorun」の約10万個、「W32/Mytob」の約4000個など。

 USBメモリなどを経由して感染を広げるウイルスの検出数は、9月に1万1722件、10月に6万2555件、11月に10万1090件と急増していることから、IPAでは11月の呼び掛けとして「外部記憶メディアのセキュリティ対策を再確認しよう! ―USBメモリ、便利のウラに落とし穴―」を挙げている。

上記のようなUSBメモリのセキュリティ対策についてのニュースをこのところよく見かけますね。

ウイルス対策ソフトにあまりお金をかけたくない方は、
キングソフトインターネットセキュリティをおすすめします。

無料ソフトの中では珍しく日本専用に作られており、メールサポートももちろん日本語で可能です。

下記のリンクから無料でダウンロードできるのでまだ使ったことがない方は是非使ってみて下さい!

おすすめです。

ウイルス対策ソフトを無料でダウンロード
「KINGSOFT Internet Security U」



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。