大阪電気通信大学、「原田ウイルス」作成で起訴の大学院生を無期停学 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

大阪電気通信大学、「原田ウイルス」作成で起訴の大学院生を無期停学

大阪電気通信大学は15日、コンピュータウイルスを作成して起訴された同大学院生に対して、無期停学の懲戒処分を下したと発表した。

 処分にあたって大阪電気通信大学では、大学院生の行為について直接事情聴取を実施。その結果、1)友人の顔写真など個人情報を、本人に無断でネット上の不特定多数に流したことは、取り返しのつかない重大な行為であること、2)ウイルスを潜ませたファイルをネット上に流したことは、社会通念上はもちろん、高度な情報倫理が求められる高等教育機関にあっては決して許されない行為であること――の2点を確認したとして、教授会の審議を経て無期停学処分を決定した。今後は、大学院生の更正を進めるため、補導チームを発足して情報倫理を中心とした教育指導を定期的に行なうとしている。


 大学院生は、通称「原田ウイルス」を作成していた。原田ウイルスは、ウイルス実行時にアニメ画像を表示することから、著作権法違反の罪で2月14日、京都地検に起訴されていた。さらに、ウイルスに友人の顔写真などを添付したことから、2月26日には名誉毀損の罪で追起訴されていた。

 なお、大阪電気通信大学では、大学院生の逮捕に関連して、大学内の研究室が捜索を受けたり、コンピュータが押収されたことは一切ないとするコメントを発表。また、大学内のセキュリティ対策では、ファイル交換ソフト「Winny」は当初から使用できない設定にしていたため、大学が不正アクセスとウイルス拡散の舞台になったことはないとしている。

Internet watchより

Winny 関連記事
キングソフト:Winny起動時に警告画面を表示

金山軟件の日本法人であるキングソフト株式会社は、同社製セキュリティソフト製品の利用者に対し、ファイル共有ソフトWinnyの起動時に危険を知らせる警告画面を表示するサービスを開始。情報漏えいに対する取り組みを強化した。

  キングソフトが特定のアプリケーションソフトに対してこうした警告を表示するのは初めてのこと。Winnyを介して感染するワーム型ウイルスに対する検出及び駆除はこれまでも実施してきたが、ファイル共有ソフトで情報漏えいの挙動をするウイルスは一般のウイルスと違う性質を持つため、今回の措置に至った。

  同社は中国で実績あるセキュリティ対策ソフトを日本で展開しているが、今後もこうした日本独自のソフトウェアに起因するウイルスやセキュリティ上の危険行為にも迅速に対応する方針。

  同社広報部では、「15日には内閣官房長官が『情報漏えいを防ぐ最も確実な対策はWinnyを使わないこと』とする見解を述べているように、ファイル共有ソフトによる情報漏えいは短期間のうちに深刻な社会問題に発展した」と分析。「Winnyそのものは悪意のソフトではないとしても、使用の危険性が高いと判断し、利用者に対し今一度使用の確認を促すべく警告画面表示を実施するに至った」としている。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。