「YouTubeがウイルス配布?」、偽サイト構築ツールが出回る  ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

「YouTubeがウイルス配布?」、偽サイト構築ツールが出回る

「YouTubeがウイルス配布?」、偽サイト構築ツールが出回る

ボタン一つで“簡単作成”、表示メッセージなどのカスタマイズも可能。

セキュリティ企業であるスペインのパンダセキュリティは2008年9月11日、動画投稿サイト「YouTube」そっくりの偽サイトを構築するツールが出回っているとして注意を呼びかけた。偽サイトの目的は、ウイルス(悪質なプログラム)の配布。

 2007年ごろから、YouTubeなどの有名な動画投稿サイトに見せかけた偽サイトを使って、ウイルスを配布する手口が増えている。この手口では、まず、迷惑メールなどを使って偽サイトにユーザーを誘導する。

 誘導されたユーザーが、偽サイト上の動画再生ボタンなどをクリックすると、ウイルスがダウンロードされそうになる。「動画を見るために必要」として、ウイルスをFlash Playerの新版やコーデックなどに見せかけてインストールさせようとする手口もある。

 今回パンダセキュリティが報告したのは、そういった偽サイトを簡単に構築できるツール。使い方は、ダウンロードさせたいウイルスが置かれている場所(URL)や、偽サイトで表示させるエラーメッセージなどを選択するだけで、偽サイト用のHTMLファイルを作成できる(図1)。

 図2は、同ツールで作成した偽サイトの例。Flash Playerが古いためにダウンロードできないというメッセージを表示し、ウイルスを新しいFlash Playerに見せかけてダウンロードさせようとする。

 ユーザーが指示通りウイルスをインストールしても、当然、偽サイトなので動画は表示されない。そこで偽サイトでは、ユーザーに疑われないように、「一部のユーザーに適切でないコンテンツを含む場合があります」といった内容の英語のエラーメッセージを表示する(図3)。

 なおこのエラーメッセージの内容は、本物のYouTubeで表示されるものと同じ。表示メッセージは、攻撃者が自由にカスタマイズできるという。

 今回のように、攻撃を簡単に行えるようにする悪質なツールは後を絶たないとして、パンダセキュリティでは、ユーザーに対して改めて警告している。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。