iPhoneのセキュリティ対策 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

iPhoneのセキュリティ対策

CNETJAPANさんのサイトの記事によると、iPhoneの「Mail」と「Safari」にフィッシング攻撃の脆弱性があったそうです。

セキュリティ研究者のAviv Raff氏は米国時間7月23日、「iPhone」版の「Mail」と「Safari」にはURL偽装(スプーフィング)の脆弱性があり、第三者がこれを利用してiPhoneユーザーにフィッシング攻撃を仕掛けることが可能だと報告した。

 この脆弱性は、以前から警告されていたものだ。Raff氏をはじめとする数名のセキュリティ研究者は、iPhoneが7月11日に発売される前からiPhoneの脆弱性を発見したことを示唆していたが、「iPhone 2.0」の最終版リリースまで様子を見るつもりだと述べていた。

 Raff氏によれば、偽装用のURLを作成することで、攻撃者はMail上で信頼できるサイト(金融機関やソーシャルネットワークのサイトなど)から送られてきたように見えるリンクが作れるという。ユーザーがこのリンクをクリックすると、Safariはこのフィッシングサイトを開いてしまう。この問題に影響を受けるのは、iPhone 1.1.4および2.0のユーザーだ。

 Raff氏はAppleに対してすでにこの脆弱性を通知しているが、パッチが提供されるまでは詳細を公表しないと、自身のブログの中で記している。

 対策パッチがリリースされるまで、iPhoneユーザーは「信頼できるウェブサイト(銀行、PayPal、ソーシャルネットワークなど)だとするリンクがMailで開いたメールに書かれていても、そのリンクをクリックせずに、SafariでウェブサイトのURLを直接入力してほしい」とRaff氏は警告している。

http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20377715,00.htm

iphoneが日本でも発表されて依頼、iphone対応サイトが次々と増えているようです。
オークションサイト最王手のYahooオークションでiPhone対応になったようですね。

これからはPC以外でもこのような金銭に関わることが多くなっていきそうですので、ウイルス対策は、フィッシングサイト対策は今後さらに重要になってくるのではないでしょうか。

PCでのウイルス対策はフリーで使えるセキュリティソフト「KINGSOFT INTERNET SECURITY U」がお勧めです


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。