コンビニでAndroidアプリやオンラインストレージを販売、キングソフト ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

コンビニでAndroidアプリやオンラインストレージを販売、キングソフト

コンビニエンスストア「ファミリーマート」約8700店舗で、キングソフトのオフィスソフトやセキュリティソフトのAndroid(アンドロイド)版、およびオンラインストレージの販売が始まった。

店内端末「Famiポート」から申し込める。オフィスソフト「KINGSOFT Office for Android」が2980円など。インターネットでのクレジットカード決済に抵抗がある人でも手軽に購入できる。

キングソフトは以前からパソコン向けのオフィスソフトやセキュリティソフトをコンビニで販売しているが、Android向けアプリケーションなどは量販店でのパッケージ販売や、直販サイトでのクレジットカード、電子マネー決済のみで対応しており、新たに取扱先を拡大する。

対象の製品は、Android(アンドロイド)でWord、Excel、PowerPointを編集できる「KINGSOFT Office for Android」(2980円)、セキュリティ保護を行う「KINGSOFT Mobile Security」(1980円)、データバックアップを行う「KINGSOFT Data Manager」(1980円)。それにオンラインストレージ「KDrive」の有料課金プランも申し込める。こちらは30GB、1年分が6000円、50GB、1年分が9600円、100GB、1年分が1万8000円。

ファミリーマートの店内端末から、欲しい製品を選び、申込券(レシート)を発券してレジで支払う。その後、製品のシリアル番号や専用URLが記載されたプリペイド番号通知票を受け取る。スマートフォンでURLを入力すれば製品をダウンロード、インストールし、製品シリアル番号を入力するとキングソフト製品を使えるようになる。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。