スマートフォンのセキュリティー ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

スマートフォンのセキュリティー

スマートフォンの急激な普及に伴い、これを狙ったマルウエア(悪意のあるソフト)も増加しています。総務省が10月にスマートフォン・クラウドセキュリティ研究会を設置するなど、国も状況把握に着手しました。では一般の利用者はどうすればいいのでしょうか。対策を解説します。

 スマートフォンを狙うマルウエアは大きく分けて「ウイルス」「スパイウエア」「悪質なアドウエア」の3種類があります。

 ウイルスは主にソフトを破壊したり誤作動させたりします。パソコンウイルス同様、愉快犯的に作られるケースが多いようです。

 スパイウエアは個人情報などをこっそり盗みます。電話帳やメールの内容、クレジットカードや銀行口座の情報、さらには位置情報までも外部に送信します。

 悪質なアドウエアは、画面に強引に広告を表示させます。一般の広告付き無料アプリとの違いは、利用者の承認を得ず、公序良俗に反した広告を無理やり表示することなどです。

 多くはアプリ(ソフトウエア)の形になっており、利用者が知らずに実行すると感染します。悪質なものはOSの奥深く潜み、普通の操作では駆除できません。特にスパイウエアは利用者に気づかれずに様々な情報を盗んだり、利用者になりすまして勝手に迷惑メールを送信したりするので、被害は深刻です。

 現在、マルウエアは全てグーグルのOS「アンドロイド」を搭載したスマートフォンを狙うものばかりです。アップルのiPhone(アイフォーン)やマイクロソフトのウィンドウズフォン7.5では、ごく特殊な例外を除いて世界的にもマルウエア被害が報告されていません。

 アンドロイドだけが被害を受けるのは、アプリ流通の仕組みが違うためです。iPhoneやウィンドウズフォン7.5では、アプリはアップルやマイクロソフトが運営する公式ストアでしか配布・流通させられず、利用者に届く前に安全審査されています。

 一方、アンドロイド・スマートフォンのアプリはグーグルの公式ストア(アンドロイドマーケット)以外でも配布できます。さらに公式ストアでも事前の安全審査がありません。そのためグーグルの公式ストアにマルウエアが堂々と登録され、流通する事故が何度も起きています。つまりアンドロイド・スマートフォンは、利用者が対策を取る必要があります。

 対策の一つはセキュリティーソフトの導入です。すでに複数の企業から販売されており、これらを使えば端末上で感染を防げます。半面、セキュリティーソフトは常に動作するため、バッテリーの持ちが悪くなり、動作もわずかに遅くなります。

 もう一つは、携帯電話会社の公式ストアを使うことです。NTTドコモとKDDI(au)は「dマーケット」(ドコモ)や「au oneマーケット」(au)などの公式ストアを設けています。ここで紹介・販売されるアプリは携帯電話会社が独自に審査しており、マルウエアの心配がありません。

 注意したいのは、アプリのバージョンアップ(更新)です。最初にストアに出品したアプリにはマルウエアを組み込まず、更新の際に組み込む手口が最近報告されました。筆者の取材に対し、アップルとauは更新アプリも審査していると回答しています(今月4日現在)。こうした安全なストアを利用するよう心がけましょう。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。