カスペルスキー、仮想環境にも対応した企業向けウイルス対策ソフトの新版  ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

カスペルスキー、仮想環境にも対応した企業向けウイルス対策ソフトの新版

 株式会社カスペルスキーは15日、企業向けのセキュリティソフト新版「Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition」を同日より販売開始すると発表した。Windows Server 2003以降に対応する。

 「Kaspersky Anti-Virus 8 for Windows Server Enterprise Edition」は、ファイルサーバーをマルウェアから保護するためのソフト。2009年2月から提供してきた「Kaspersky Anti-Virus for Windows Server Enterprise Edition 6.0」の後継にあたる。

 今回は、最新のWindows ServerであるWindows Server 2008 R2をサポートしたほか、VMware Ready認証を取得しており、VMwareの仮想プラットフォームでもサーバーを保護可能。MicrosoftターミナルサービスおよびCitrix XenAppの環境についても保護することができる。また、階層ストレージ管理(HSM)に対応しているため、複雑な階層を持つファイルシステムに対しても、効率的にアンチウイルス機能を提供できるとした。

 加えて、Kaspersky Anti-Virus for Windows Server Enterprise Editionとその他のアプリケーションのリソース配分を事前に設定することで、ほかのアプリケーションに負荷をかけないサーバー保護を実現している。

 管理ツールについては、自社のKaspersky Security Center以外を用いた一元管理を行えるほか、Microsoft Management Consoleやコマンドラインを利用した、ローカル/リモートでの管理が可能だ。

 なお製品は、単品での購入のみならず、「Kaspersky Business Space Security」「Kaspersky Enterprise Space Security」「Kaspersky Total Space Security」のコンポーネントとしても入手可能である。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。