KCCS、サーバセキュリティ製品「Trend Micro Deep Security」を取扱開始 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

KCCS、サーバセキュリティ製品「Trend Micro Deep Security」を取扱開始

京セラコミュニケーションシステムは、トレンドマイクロの総合サーバセキュリティ「Trend Micro Deep Security」の取り扱いを開始した。

同製品は、サーバのセキュリティ対策に必要な脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視、ウイルス対策などの機能を備えたセキュリティソリューション。

エージェントとバーチャルアプライアンスが用意されており、物理サーバだけでなく仮想サーバのセキュリティ対策も可能。12月19日より最新版となる「同 8.0」が発売となる。

KCCSでは「予防」「防御」「検知」の観点からセキュリティソリューションの提供しており、今回は「防御」ソリューションのラインナップを強化した。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。