ディアイティ、ウィンマジックの暗号化ソリューションを発売へ ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

ディアイティ、ウィンマジックの暗号化ソリューションを発売へ

ディアイティ(下村正洋社長)は、9月にカナダのウィンマジックと販売代理店契約を締結し、11月1日に同社のデータ暗号化ソリューション「SecureDoc Disk Encryption」を発売する。

 「SecureDoc Disk Encryption」は、パソコンのハードディスクを丸ごと暗号化し、パソコン起動認証や外部メディアへのアクセス制御によって、強固なセキュリティを実現する。

 従来のファイル単位の暗号化では、システムフォルダやプログラムの領域の情報は暗号化できないので、そこに記録されたデータの漏えいを防ぐことができなかった。「SecureDoc Disk Encryption」では、ハードディスク全体を暗号化できるので、万一、ハードディスクがパソコンから抜き取られた場合でも、ハードディスク内のすべてのデータを確実に守ることができる。

 また、パソコン起動前にユーザー認証を要求し、第三者によるパソコンの不正使用を防止する。USBトークンやICカード、指紋認証などの二要素認証を利用することによって、セキュリティの向上を図ることができる。さらに、USBメモリや外付けハードディスク、SDカードなど、外部メディアへのアクセスを制御する。

 税別価格は、10ユーザーライセンスパック(サーバーライセンス、初年度保守付き)で2万80000円から。同社は、初年度1万ライセンスの販売を見込んでいる。




無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。