Oracle、Javaやデータベース製品などのセキュリティアップデートを公開  ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

Oracle、Javaやデータベース製品などのセキュリティアップデートを公開

米Oracleは18日、JavaやデータベースなどOracleの各種製品に対する定例アップデートを公開した。

 公開されたJavaのバージョンは、最新版の「Java SE 7u1」や「Java SE 6 Update 29」など。アップデートにより、合計20件の脆弱性を修正する。20件中6件の脆弱性は、CVSSによる深刻度評価が最高の「10.0」となっている。また、9月に情報が公開されたTLS/SSLの脆弱性に関する修正も行なっている。

 このほか、Oracle Database、Oracle Fusion Middlewareなどの各種製品に対する定例アップデートを公開。アップデートにより合計57件の脆弱性を修正する。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。