日本MS、SaaS型セキュリティサービス「Windows Intune」をアップデート ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

日本MS、SaaS型セキュリティサービス「Windows Intune」をアップデート

日本マイクロソフトは10月18日、同社のSaaS型セキュリティ20+ 件製品「Windows Intune」をバージョンアップしたことを発表した。新版では、クラウドからのソフトウェア配布が可能になったほか、リモートタスク実行機能や資産管理機能、管理者権限設定機能などが強化されている。

Windows Intuneは、Windows 7、Vista、XPを対象としたセキュリティ20+ 件サービス。更新管理/ソフトウェア配布、マルウェア対策、資産管理、リモートアシスタンス、稼動監視、ポリシーベース構成管理などの機能によって構成されている。マイクロソフト ソフトウェア アシュアランスがセットになっており、各端末のOSをWindows 7 Enterpriseにアップグレードできるほか、管理コンソールがオンラインで提供されており、オンプレミスのサーバへ管理ソフトウェアをインストールする必要がないといった特徴もある。

今年の4月より提供を開始しており、まとまった機能追加は今回が初めてとなる。新版の主な新機能としては、以下の9点が挙げられている。

・ソフトウェアの配布と展開
・リモートタスクの実行
・読み取り専用管理者権限を追加
・他社製品のライセンス管理に対応
・ハードウェアレポートの作成
・アラートのカスタマイズ
・ポリシーのレポート
・管理コンソールにおける右クリック、ドラッグ&ドロップ、コピー/貼り付け
・マスターイメージへのエージェントの組み込み

これらのうち、特に強調されているのが、ソフトウェアの配布機能。これはユーザーの端末に配布したいプログラムを管理コンソールからアップロードし、ユーザーがダウンロード/インストールできるようにするというもので、対象プログラムはマイクロソフト製品に限定されておらず、ファイル形式もEXE/MSI/MSPから選択できる。1顧客あたり20GBのWindows Azureストレージもセットで提供されている。

そのほか、リモートタスク実行に関しては、リモートでフル/クイック スキャンや定義更新を強制実行させることが可能なほか、ハードウェアレポートの作成機能については、CSVへのエクスポート機能や、特定条件でフィルターしたレポート作成機能などが追加されている。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。