2010年の国内モバイルセキュリティ市場規模は23億円―IDC Japan 調査 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

2010年の国内モバイルセキュリティ市場規模は23億円―IDC Japan 調査

IT 専門調査会社 IDC Japan は2011年10月4日、2010年の国内モバイルセキュリティ市場規模実績と2015年までの予測を発表した。

発表によると、2010年の国内モバイルセキュリティ市場規模は23億円、2010年~2015年における年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は32.2%で、2015年には93億円になると予測している。モバイルセキュリティ市場は、モバイルアイデンティティ/アクセス管理市場、モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理市場、モバイルセキュリティ/脆弱性管理市場、その他モバイルセキュリティ市場で構成。

モバイルアイデンティティ/アクセス管理は、モバイル機器に対応したネットワークアクセスでの PKI や SSL 証明書といった認証技術を提供する。モバイル機器でネットワークから提供される様々なサービスを受ける上で基盤となるソリューションである。

スマートフォンやタブレット端末のユーザーの急増やビジネスでの利用拡大によって、モバイル向け認証関連の製品需要が高まり、2010年~2015年の CAGR は36.5%で、市場規模は2010年の3億円から2015年には15億円になる、と同社は予測する。

モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理は、モバイル機器に対してウイルススパイウェア、スパム、ハッカー、不正侵入、無断使用、極秘情報の開示などを防御するもの。Android 端末が個人や企業で急速に普及したことに伴い、ハッカーの攻撃対象となってきており、Android 端末に感染するマルウェアが急増している。

今後モバイル機器でのマルウェア対策や盗難/紛失時の情報漏洩対策のニーズが高まり、2010年~2015年の CAGR は33.1%で、市場規模は2010年の14億円から2015年には58億円になる、と同社は予測する。

同社が2011年4月に実施したユーザー調査結果では、モバイル機器を導入したことにより問題が発生した企業は全体の44.4%であった。発生した問題で最も多かったのは、セキュリティやコンプライアンスの問題であり、38.7%の企業で問題があった、としている。

企業は、効率的にセキュリティ対策やコンプライアンス対応への強化を図ることを求められており、この問題を解決する手段として、モバイルセキュリティソリューションの導入が進むもの、と同社はみている。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。