CiscoがIOSのセキュリティ情報を一挙公開、深刻な脆弱性に対処 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

CiscoがIOSのセキュリティ情報を一挙公開、深刻な脆弱性に対処

米Cisco Systemsは、IOS Softwareのセキュリティ情報を米国時間の9月28日にまとめて公開し、IOSに存在するコード実行やサービス妨害(DoS)などの脆弱性に対処した。

 この日公開されたセキュリティ情報は10件あり、内訳はIOS Software関連が9件、Unified Communications Manager関連が1件となっている。

 中でもIOS SoftwareのSmart Install機能に存在する脆弱性は、危険度が共通指標のCVSSで「10.0」と最も高い。脆弱性を悪用された場合、リモートの攻撃者にコードを実行される恐れが指摘されている。この問題は、Catalyst SwitchとIntegrated Services RouterでSmart Install機能を有効にしている場合に影響を受けるという。

 それ以外についてはDoSの脆弱性が大半を占め、危険度は6.1~7.8のレベルとなっている。Ciscoはいずれもソフトウェアアップデートのリリースで対処した。

 IOS Softwareのセキュリティ情報は、毎年3月と9月の第4水曜日にまとめて公開されている。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。