PCからスマホまで、台数無制限の「マカフィー オール アクセス 2012」 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

PCからスマホまで、台数無制限の「マカフィー オール アクセス 2012」

インストール台数無制限のスイートが新登場

マカフィーは29日、2012年版の個人向けセキュリティー製品ラインナップを発表した。

 注目は、ユーザーが保有するすべてのデバイスにインストールできるソフトウェアスイート「マカフィー オール アクセス 2012」だ。

 これは今年から登場した新製品。通常のセキュリティーソフトはインストール台数に制限を設けているが、「オール アクセス」はユーザー数で制限することにより、保有デバイス数にかかわらず「オール アクセス」1本でセキュリティー対策が完結するというもの。

 Windows、Mac OSのほかAndroid、BlackBerry、SymbianといったモバイルデバイスOSまで対応したパッケージとなっている。なお、iOS向け製品はAppStoreでの購入以外認められていないため、「オール アクセス」には含まれていない(ただし、iOS向けのセキュリティー対策アプリ「McAfee WaveSecure」がAppStoreで販売中)。

 また、制限人数を5ユーザーに増やした家庭/SOHO向けも用意されており、「保有するデバイスがバラバラなので、結局、家族全員が別々のセキュリティーソフトを買い求めている」「数名の会社だが、保有デバイスが多いのでセキュリティー対策だけでも費用がバカにならない」といったケースにも対応する。

 さらに、ネット閲覧におけるウイルス対策を指向した「マカフィー アンチウイルス プラス 2012」、迷惑メールや保護者機能など多彩な機能を追加した「マカフィー インターネットセキュリティ 2012」、そして家庭のPCにおけるセキュリティー対策を包含した「マカフィー トータルプロテクション 2012」も同時に発表された。

 上記4製品とも9月29日に発売開始する。

マカフィー社長「我々はシリコンチップから人工衛星まで全部守る」

新製品発表会に先立って、マイケル・デシーザー氏と共にマカフィーの共同社長を務めるトッド・ゲブハート氏の記者会見も行なわれた。

 会見でゲブハート氏は、世界には10億にも上るネット接続デバイスが存在するとされているが、これが数年以内には500億にまで膨れ上がるとも言われている。マカフィーはこれらを、すなわちシリコンチップから人工衛星まですべて守っていくと述べた。

 そして、「現在、マカフィーによって1日あたり6万個のマルウェアが新たに発見されており、同じく1日あたり200万ウェブサイトからマルウェアが検出されている。また、全米では毎分116台のスマートフォンやタブレットが紛失している」

 そして、「今やユーザーを狙う犯罪者は、金曜日の夜にムシャクシャしている少年などではなく、潤沢な資金を持ったプロの集団であり、これほど防護の必要性が高まったことは未だかつてない」という。

 このような状況下におけるマカフィーのミッションは、ユーザーが自由にネットを使えること、誰にも邪魔されずにネットショッピングできること、そして保護者に対しては安全安心なネット環境を提供することだとし、新製品のオール アクセスは「ユーザーがより簡単にデバイスを保護するための第一歩」にあたると語った。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。