ウェブルートがAndroid用セキュリティソフトの日本語版を発表 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

ウェブルートがAndroid用セキュリティソフトの日本語版を発表

米ウェブルート・ソフトウェアの日本法人は2011年9月28日、Android端末向けセキュリティソフト「ウェブルート セキュアエニウェア モバイル プレミア アンドロイド版」を発表した(写真)。10月3日からAndroid Marketでダウンロード販売を開始する。製品の通常価格は2100円、10月31日に終了予定のキャンペーン期間中は1200円となる。価格はいずれも1年間1台のものである。

 搭載機能は大きく5つに分類できる。(1)インターネットセキュリティ、(2)紛失・盗難時の遠隔操作、(3)迷惑着信や迷惑SMSのブロック、(4)システムやインストール済みアプリのセキュリティ設定へのアドバイス機能、(5)便利機能と安心のサポート――である。

 (1)のインターネットセキュリティは、マルウエア対策とマルウエア配布サイトやフィッシングサイトへのブロックを含む。(2)はリモートからのロック/端末内情報の削除/位置情報の取得/サイレンの鳴動、およびSIM挿し替え時のロックからなる。(5)はアプリ管理支援とバッテリーモニター/ネットワークモニター、遠隔操作や本ソフトをインストールした端末の管理などができるポータルサイト、電話サポートを含む。

 製品は日本語化済み。Android 2.1以上を搭載した端末で動作する。ダウンロードに必要な容量は3MB。無線LAN接続または国内での3G接続に対応する。なお一部の使い方をする場合は、追加の利用条件が付く。ポータルサイトから紛失・盗難時の遠隔操作をするには、端末がAndroid2.2以降を搭載していること、Android Market搭載端末でありAndroid Marketにログインしていること、対応するネットワークに接続されていることが必要。SMSを着信できない端末では、別の携帯端末からの遠隔操作は動作サポート外になる。GPSを搭載しない端末では位置情報を取得する機能が動作しない。Android 3.0以上の環境では(1)に含まれるマルウエア配布サイトやフィッシングサイトへのブロックが機能しない。

 同製品と同時に、無料の「ウェブルート セキュアエニウェア モバイル アンドロイド版」も発表した。プレミアとは価格と搭載機能数、サポートの有無などで違いがある。搭載機能はプレミアから(4)と(5)、および(2)に含まれるリモートからの端末内情報の削除およびSIM挿し替え時のロックが省略されている。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。