マカフィーとインテル、ハードウェア支援型セキュリティ「McAfee DeepSAFE」を発表 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

マカフィーとインテル、ハードウェア支援型セキュリティ「McAfee DeepSAFE」を発表

マカフィーとインテルは、米サンフランシスコで開催中のイベント「インテル・デベロッパー・フォーラム」で、新たなセキュリティ技術「McAfee DeepSAFE」を発表した。今年2月のインテルとマカフィーの統合以降、両社の戦略的パートナーシップとしての初の成果となる。

 「McAfee DeepSAFE」は、OSの下でより深いセキュリティフットプリントを利用するハードウェア支援型セキュリティ製品の開発を目的としたテクノロジー。特定のターゲットに対して持続的に実行するAPT(Advanced Persistent Threat)攻撃や、ルートキットなどの多数のステルステクニックを使用した高度なマルウェアなどをプロアクティブに検出し、回避することが可能になる。

 主な機能は、「OS下で稼働するハードウェア支援型セキュリティ製品の基盤構築」「OS下で発生するシステムイベントの信頼性の高い概観の提示」「現在は検出不可能な攻撃の検出および削除」「最新のステルスマルウェアやAPT攻撃をブロックする新たな技術」「パフォーマンスへの影響を最小限に抑えたリアルタイムCPUイベント監視」「ハードウェアのパワーとソフトウェアの柔軟性を融合した新たなセキュリティの構築」で、日本市場での展開時期は未定。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。