マカフィーとIntel、OS下の脅威を排除する新セキュリティ技術を発表 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

マカフィーとIntel、OS下の脅威を排除する新セキュリティ技術を発表

マカフィーと米Intelは9月14日、米国サンフランシスコで開催されているインテルデベロッパーフォーラムにおいて、新たなセキュリティ100+ 件技術「McAfee DeepSAFE」を発表した。

同技術は、2011年2月のIntelとマカフィーの統合以降、初の戦略的パートナーシップとしての成果となる。

同技術は、OSの下でより深いセキュリティ100+ 件フットプリントを利用する、ハードウェア支援型セキュリティ100+ 件製品の開発を目的にしたテクノロジー。同技術により、特定のターゲットに対して持続的に実行されるAPT(Advanced Persistent Threat)攻撃やルートキットなどの多数のステルステクニックを用いた高度なマルウェアなどをプロアクティブに検出し、回避することが可能になる。

同技術の開発背景には、セキュリティの脅威が「高度かつ持続的なサイバー攻撃」や「マルウェアが自身をルートキットに隠すステルス型」へ変化しつつあることに加え、多くの攻撃者が、従来のOSをベースにしたセキュリティ100+ 件対策から逃れる方法を十分に把握している現状がある。

両社は、ハードウェアとソフトウェアを融合することで、サイバー攻撃の脅威を体系的に排除するよう取り組んでいる。現状では、同技術の日本市場における展開時期は未定となっている。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。