GMOグローバルサイン、DigiNotar攻撃者の犯行声明受けて業務停止 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

GMOグローバルサイン、DigiNotar攻撃者の犯行声明受けて業務停止

GMOグローバルサインは、証明書発行業務を一時停止すると発表した。

3月にComodo登録局を攻撃し、現在問題となっているオランダの認証局であるDigiNotarの攻撃にも関わったとする「ComodoHacker」なる人物が、大手4社に対して不正アクセスを行ったとの犯行声明を出し、関連会社であるGlobalSignを名指ししたことから、証明書の発行業務を一時停止したもの。

同社では詳細な調査を進めているが、現時点で不正アクセスの被害などは見つかっていない。復旧時期は未定だという。またGlobalSignでは、今回の問題へ対応するため、DigiNotar問題の調査にあたっているFox-ITから支援を受けることを明らかにした。

GlobalSignは、ベルギーの認証局。ベルギー電子政府プロジェクトのルート認証局であるベルギー政府認証局へ認証を行っている。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。