無償ウイルス対策ソフト「Avira AntiVir Personal」の“Service Pack 2”が公開  ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

無償ウイルス対策ソフト「Avira AntiVir Personal」の“Service Pack 2”が公開

 (株)アビラは31日、ウイルス対策ソフト「Avira AntiVir Personal」v10を強化するソフトウェアパック“Service Pack 2(SP2)”日本語版を無償公開した。現在、SP2を適用済みの「Avira AntiVir Personal」v10.2.0.115が、同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロード可能。また、すでに「Avira AntiVir Personal」を導入済みのユーザーにも、自動アップデート機能を通じて無償で配布される。

 SP2に含まれる改良点は、振る舞いベースのマルウェア検出機能や、ヒューリスティック検出機能、感染したPCを修復する“Generic Repair”機能、マルウェアを簡単に駆除する“One-Click Removal”機能などが強化されたこと。また、ルートキットの検出においても機能も改善されており、マルウェア追跡用のドライバーが1つ追加された。ウイルススキャンのログ機能の拡張や、ヘルプファイルやユーザマニュアルの改善なども施されている。

 さらに、IE/Firefox用のツールバー「Avira SearchFree Toolbar」が同梱された。本ツールバーを導入すれば、これまで有償の上位版にのみ提供されていたWeb経由の脅威からPCを保護する“WebGaurd”機能を無償で利用可能。「Avira SearchFree Toolbar」はIE6以降および「Firefox」v3.0以降に対応しており、「Google Chrome」を既定のWebブラウザーにしている場合はインストールされないとのこと。また、本ツールバーのインストールの可否はユーザー側で選択できる。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。