G Dataが第三者機関テストで「軽快さ」を実証 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

G Dataが第三者機関テストで「軽快さ」を実証

第三者機関「AV-Comparatives」のパフォーマンステストで、「G Data インターネットセキュリティ 2012」は、「Advanced」を獲得し、「軽快さ」を実証しました。

G Data Software株式会社(本社:東京都千代田区、日本支社長:Jag 山本)は、第三者テスト機関であるAV-Comparatives.orgが毎年8月に発表しているインターネットセキュリティ100+ 件ソフトのパフォーマンステストにおいて、「Advanced」という高い評価を受けました。


オーストリアの第三者テスト機関であるAV-Comparatives.orgは、2011年6月に、インターネットセキュリティ製品がパソコンにインストールされ常駐している状態で、どのくらい動作に影響を及ぼしているのかを調べ数値化した「パフォーマンステスト」を実施し、2011年8月にその結果を発表しました。

G Dataの主力製品である「G Data インターネットセキュリティ 2012」は、パソコンに導入しても動作が軽快であることを示す評価「Advanced」を獲得しました。

AV-Comparatives.orgによるパフォーマンステストは、以下の項目からなります。

・ファイルコピー
・ファイルの圧縮/解凍
・音声ファイルと動画ファイルのフォーマット変換
・アプリケーションのインストール/アンインストール
・アプリケーション(ワード/PDF)の起動
・ベンチマークツールによるテスト

G Dataは、特に、ファイルコピーやアプリケーションの起動において「高い快速性(very fast)」を記録し、他の項目についても大半が「快速(fast)」を記録しました。

山本 Jag(G Data Software日本支社長)からのコメント
「弊社製品は、2つのエンジンを積んでおり、ウイルス検出率が高いのが特徴ですが、同時に、軽快に動作できるように、さまざま改良を行ってきました。特に、今回のテスト結果では、コマーシャルやバナー広告などで「軽快」を強くアピールしていた他社製品と同じ認証レベル「Advanced」を獲得したことで、弊社製品の「軽さ」も実証されたと思います。これからも、さらなる製品の品質向上を目指して、努力を重ねてまいる次第です。」


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。