国内セキュリティソフト市場、マイナス成長から回復 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

国内セキュリティソフト市場、マイナス成長から回復

IT 専門調査会社 IDC Japan は2011年8月25日、2010年の国内情報セキュリティソフトウェア市場規模実績と2015年までの予測を発表した。

調査によると、2010年の国内情報セキュリティソフトウェア市場規模は2,030億円、前年比成長率が11.8%と2009年のマイナス8.2%から回復した。2010年から2015年における年平均成長率(CAGR)は2.8%で、2015年の市場規模は2,329億円になると予測している。

機能別に市場を分析すると、2010年国内アイデンティティ/アクセス管理ソフトウェアの市場規模は512億円、前年比成長率は8.5%だった。経済状況が厳しい中、費用の高さや導入工期の長さによって2009年にはマイナス成長だったが、2010年には回復しプラス成長に転じた。

東日本大震災後は、テレワークの普及やパブリッククラウドサービスの利用拡大によって、シングルサインオンやフェデレーテッドシングルサインオン、認証関連の製品需要が高まり、2010年から2015年の CAGR は5.0%で、2015年の市場規模は655億円と予測している。

2010年の国内セキュアコンテンツ/脅威管理ソフトウェアの市場規模は1,113億円、前年比成長率10.9%で2009年のマイナス12.3%から回復した。コンシューマー向け製品と企業向け製品の両市場で、2009年のマイナス成長からプラス成長に転じた。

この市場では、クラウドなどによるサービス利用が進んでおり、東日本大震災によって自社システムから外部サービスの利用の普及が加速するとみている。セキュアコンテンツ/脅威管理ソフトウェア市場の2010年から2015年の CAGR は1.3%で、2015年の市場規模は1,190億円と予測する。

2010年の国内セキュリティ/脆弱性管理ソフトウェアの市場規模は213億円、前年比成長率12.8%で2009年のマイナス0.3%から回復した。東日本大震災後のテレワークの普及やスマートフォンなどのモバイル端末の利用拡大によって、リモート PC やモバイル端末のセキュリティ管理製品の需要が高まり、2010年から2015年の CAGR は3.6%で、2015年の市場規模は254億円と予測する。

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂恒夫氏は次のように述べている。

「ベンダーは、ソフトウェア、アプライアンス、サービスを組み合わせたハイブリッドソリューションでのライセンスモデルの共通化やパッケージ化を図るべきである。これによって、ユーザー企業への総合的なセキュリティベンダーとしてのポジションを取ることが可能となる」


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。