専用Webページから紛失端末にロックや消去を指令、バックアップ機能も搭載  ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

専用Webページから紛失端末にロックや消去を指令、バックアップ機能も搭載

今回はマカフィーが2011年7月4日に発売したAndroid版の「McAfee Mobile Security」の機能を見ていく。

 マカフィーはこれまで、ソフトバンクモバイルのマルウエア対策サービスとして「スマートセキュリティ powered by McAfee」(月額315円)を2010年12月から、NTTドコモユーザー向けのマルウエア対策ソフト「ドコモ あんしんスキャン」(使用料無料)を2011年7月1日から提供してきた。これらは、「McAfee VirusScan Mobile」をベースにしたものである。またこれらとは別に、端末の紛失対策サービス「McAfee WaveSecure」を2011年5月から提供している。

 これら、McAfee VirusScan Mobile、McAfee WaveSecure、さらには、Webアクセス制御サービス「McAfee SiteAdvisor for Android」を加えて、総合セキュリティソフトとして2011年7月に提供を始めたのがMcAfee Mobile Securityである。

 サポートするAndroid OSは、スマートフォン向けのAndroid 2.1/2.2/2.3とタブレット向けのAndroid 3.0/3.1。マカフィーによれば、日本で販売されている機種のうち、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの端末での動作を検証済みだという(一部機種を除く)。

 今回は、ソフトバンクモバイルの「HTC Desire HD(001HT)」(搭載OSはソフトウエアアップデート前のAndroid 2.2)にインストールして試用した。

 McAfee Mobile Securityは、Androidマーケットから入手できる。インストールすると、まずは7日間の「トライアルモード」で利用可能。7日間を超えて使用するには、マカフィーのページで購入手続きをする必要がある。なお、今回はトライアルモードで試用した。マカフィーによると、トライアルモードでも機能的な制限はないという。

 なお、McAfee Mobile SecurityにはAndroid版のほかにも、BlackBerry OS版、Symbian版、Windows Mobile版がある(関連記事)。今回の検証の対象は、Android版のみである。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。