トレンドマイクロ、クラウド環境向けデータ保護ソリューションを発表 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

トレンドマイクロ、クラウド環境向けデータ保護ソリューションを発表

トレンドマイクロは7月13日、クラウドサービス上に保存されているデータを、暗号化して保護するセキュリティソリューション「Trend Micro SecureCloud」の提供を開始すると発表した。

Trend Micro SecureCloudは、クラウド上に保管されたデータをボリューム単位で暗号化し、あらかじめ設定したセキュリティポリシーに適合した仮想サーバ以外からのアクセスは受け付けないようにするしくみとなっている。セキュリティポリシーを満たしている場合は、鍵管理サーバ(KMS)からSSL通信によって鍵が発行され、仮想サーバにマウントされたボリュームを復号してデータへアクセスできるようになる。

同ソリューションは、ユーザー企業におけるクラウド上のデータセキュリティへの不安を解消するものとして位置づけられており、クラウドサービス提供事業社を介して、SaaS型サービスとしてユーザー企業に提供されることになる。

なお、同ソリューションの利用料金はクラウド事業者によって異なるため公表されていないが、同社は「1Key(1ストレージ内の1ボリューム)に対して月額1万円程度」を参考価格としている。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。