スマホ普及でウイルスも急増、狙われやすく危険性高いアンドロイド端末は特に注意! ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

スマホ普及でウイルスも急増、狙われやすく危険性高いアンドロイド端末は特に注意!

 携帯電話各社が、夏商戦向けに日本独自のサービスに対応したスマートフォンのラインアップを拡充したことで、スマートフォン市場が一気に拡大してきている(「おサイフ、ワンセグ、赤外線、それともデザイン? 携帯各社がスマートフォン夏の陣」)。街中でスマートフォンを操作する人を目にすることは、もはや珍しくなくなった。

 スマートフォン普及に伴って浮上してきた問題が、セキュリティ対策だ。スマートフォンは機能的にパソコンとほぼ同等で、セキュリティ対策が欠かせない。だが、従来の携帯電話と同じ感覚で使用している人が多く、ユーザーのセキュリティへの意識は低い。

仕様が公開されているアンドロイド

 スマートフォンは大きく2つのタイプに分けられる。米アップルのiPhoneと、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したモデルだ。

 特に狙われやすく危険性が高いのが、アンドロイド端末だ。アンドロイドは誰でも無償で利用できるように仕様が公開されているため、OSの仕様が公開されていないiPhoneに比べ、脆弱性を見つけられやすく、不正プログラムも作りやすいとされるためだ。また、iPhoneと異なり、公式のアプリマーケット以外でもアプリが流通しているため、不正なプログラムを含むアプリを配布しやすい状況にある。

 さらに、セキュリティ企業エフセキュアの八木沼与志勝氏による日経トレンディネットへの寄稿「他人事ではない! 知っておきたいスマートフォンの危険性」によると、アンドロイド自体が脆弱性を抱えており、ウェブサイトにアクセスするだけでSDカードに含まれる情報を盗み出されてしまうことがあるという。

ユーザーの居場所や行動が筒抜けになることも

 スマートフォンを狙ったウイルスは既に数百種類程度存在し、その数を増やしているという。ゲームやアプリの顔しているものも出現しており、不正なプログラムが仕込まれていることを知らずにインストールしてしまうというケースが出てきている。

 ウイルスなど不正なプログラムに感染すると、どのような被害を受けるのか。

 スマートフォンが登場した当初は、端末を使用不能にするものが多かったが、普及に伴い、端末に保存されている様々な情報を吸いだそうとする不正なプログラムが増えている。さらに、端末のGPSを作動させ、GPSの位置情報を攻撃者に知らせるものまで出てきている。ユーザーの居場所や行動が筒抜けになってしまうのだ。

携帯電話会社の対策をアップデートし、対策ソフトを導入する

 では、具体的にどのような対策をとればよいのか。

 エフセキュアの八木沼氏は、iPhoneに関してはJailbreak(脱獄)という行為をしなければ基本的に安全という。

 通常iPhoneにインストールできるアプリは、アップルが認可したアプリを販売しているApp Storeを通じてのみ入手可能だが、App Storeで扱われていないアプリのインストールなどを可能にする行為がJailbreakだ。また、OSの「iOS」を最新バージョンにしておくことも指摘する。

 アンドロイド端末の場合は、以下の対策が必要だという。

 ・携帯電話会社から提供されるOSを常に最新にする
 ・アプリは信頼できるマーケットから入手する
 ・電子署名されていないアプリはインストールしない
 ・セキュリティソフトを導入してウイルス感染から守る
 ・セキュリティソフトが提供するWebアクセスの保護機能や、URLフィルタ機能
 (ペアレンタルコントロール機能)を積極的に利用する

ドコモはウイルス対策ソフトを無料で提供

 携帯電話会社もスマートフォンのセキュリティ対策に力を入れている。5月にはNTTドコモなどの通信サービス業者、シャープなどの端末メーカー、シマンテックなどセキュリティソフト企業など50社以上が集まり、スマートフォンの安全対策で連携する業界団体を設立した。

 ドコモは7月1日から自社のスマートフォン利用者向けに米マカフィーのコンピューターウイルス対策ソフトを無償で提供している。

 セキュリティ企業各社からは、3月から5月にかけてアンドロイド端末向けのセキュリティ対策ソフトのベータ版の提供や製品の販売が始まった。

 ユーザーはスマートフォンが危険にさらされていることを十分に理解し、自分が使っている端末や利用している携帯電話会社をしっかり確認して、それに合ったセキュリティ対策を取ることが必要だ。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。