G Dataのクラウド型無償セキュリティソフトが更新、最新のFirefox 5でも動作可能に  ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

G Dataのクラウド型無償セキュリティソフトが更新、最新のFirefox 5でも動作可能に

G Data Softwareは2011年7月13日、同社が7月7日から無償配付を始めていたクラウドベースのセキュリティ対策ソフト「G Dataクラウドセキュリティ」(写真)をバージョンアップし、新たにFirefoxのバージョン4および最新のバージョン5でも動作可能になったことを発表した。

 7月7日から配付していた旧版のソフトウエアでは、Internet Explorerについてはバージョン6から最新のバージョン9まで対応していたが、Firefoxについては旧バージョンである3.0.x~3.6.xまでしか対応していなかった(関連記事:G Dataがクラウド利用の無償セキュリティソフト、プラグインとして動作)。これでようやくFirefoxユーザーも対応バージョンについて意識することなく同ソフトを利用可能になった。

 G Dataクラウドセキュリティは、Webブラウザーにプラグインソフトの形で組み込むタイプのセキュリティ対策ソフト。ユーザーがWebアクセスをしようとする際に、同ソフトがクラウド上のデータベースを参照し、ウイルスなどを配付する危険なサイトでないかどうかを調べる仕組みを提供する。もし、危険なサイトだった場合はアクセスを自動的にブロックすることで、パソコンがWeb経由でウイルスやマルウエアに感染するのを防止できる。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。