セキュリティに不安を感じるAndroidユーザーはiPhoneユーザーの約1.6倍 ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

セキュリティに不安を感じるAndroidユーザーはiPhoneユーザーの約1.6倍

 トレンドマイクロは7月6日、携帯電話とスマートフォンに関するウェブアンケート調査の結果を発表した。調査結果によると、スマートフォンの購入検討中のユーザーが期待している点と利用中のユーザーが満足している点について、検討中は62.3%、利用中は85.4%と、両者とも「PC用のウェブサイトも閲覧できる」ことが最も高かった。ほかには「アプリが豊富な点」「PC用のメールアドレスを利用できる」「タッチパネルで直感的な操作を行える」などの回答が多かった(図)。

 スマートフォンユーザーのうち、iPhoneユーザーとAndroidユーザーそれぞれに困っている点を聞いたところ、両者ともに「バッテリーの持続時間が短い」を最も多く挙げている。セキュリティ上の不安では、iPhoneユーザーが28.2%、Androidユーザーは45.6%と約1.6倍となっており、Androidユーザーの方がセキュリティに関してより不安を感じているという結果となった。

 スマートフォンと携帯電話の使い方については、スマートフォンでは、ウェブ閲覧が1日平均で56.3分だったのに対し、携帯電話の携帯電話専用サイト閲覧時間は16.2分と、その差は約3.4倍となった。

 不正なウェブサイトへのアクセスをブロックする製品の利用動向では「すでに使用している」としたユーザーは20.9%と低水準であった。その一方で「気にはなるが利用していない」としたユーザーは6割を超えており、ユーザーの認知はあるものの対策製品導入には至っていない実態が判明している。


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。