米Microsoft、Webコンテンツセキュリティ技術「Web Sandbox」をオープンソースに  ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

米Microsoft、Webコンテンツセキュリティ技術「Web Sandbox」をオープンソースに

米Microsoftは1月26日(米国時間)、Webコンテンツのセキュリティプロジェクト「Web Sandbox」をオープンソースとしてリリースしたことを発表した。ライセンスは、Apache License 2.0。同社Live Labsのプロジェクトページからダウンロードできる。

 Web Sandboxは、現在のWebプラットフォームの限界に挑戦することを目的に開始したフレームワーク/ランタイムプロジェクトで、安全性、隔離、サービス品質、拡張などにフォーカスする。昨年秋に開催した自社イベント「Professional Developers Conference 2008」にて同プロジェクトを発表していた。

 JavaScript(ECMA-262 3rd Edition)をサポートするWebブラウザで動作する。アドオンや変更を加えることなく、ほとんどのWebブラウザと同様の機能を提供するという。セキュリティのほかにも、一貫性のあるW3C DOM(Document Object Model)サポートを提供するという。

 MicrosoftはApache Software Foundation(ASF)に加盟しているが、Web SandboxはASFのプロジェクトではない。今回のソースコード公開について発表したブログPort25で、Microsoftの開発者は、オープンソースプロジェクトにすることで、スクリプトフレームワークでオープンで相互運用性のある標準を推進し、Web Sandboxの採用を広げたいとしている。

米Microsoft
http://www.microsoft.com

Microsoft Live Labs「Web Sandbox」
http://websandbox.livelabs.com

http://sourceforge.jp/magazine/09/01/29/0437200


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2010/11/23 17:36 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2010/11/29 13:16 * [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。