ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

「KINGSOFT InternetSecurity 2011」ウイルスソフト評価比較機関「Anti-Virus Comparatives」において世界最高ランク「Advanced+」を連続受賞!!Windows7環境でのパフォーマンスを実証

キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁 永飆、沈 海寅、本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、最先端のクラウドウイルススキャン技術を搭載した「KINGSOFT InternetSecurity 2011」が2010年下半期に世界的なウイルス対策ソフト、セキュリティソフトの評価比較機関であるAnti-Virus Comparativesの「パフォーマンステスト」において、世界最高クラスである「Advanced+」を受賞いたしました。2009年12月、2010年8月に続く、連続での最高クラスの受賞となりました。

今回の評価・比較項目は、ダウンロード、アプリケーション起動など普段PCを使う上で多く行う操作をベースにしたパフォーマンステストと、PCの総合ベンチマークソフト「PCMark Vantage(※1)」を用いた性能計測テストを加えた計7項目の総合的なパフォーマンステストです。検証OSとしてはMicrosoft Windows7が用いられました。

テスト対象プロダクツ
下記の20製品を対象にテストが行われました。(アルファベット順)

avast!Free5.0、AVG Anti-Virus 2011、AVIRA AntiVir Premium 10.0、BitDefender Antivirus 2011、eScan AntiVirus 11.0、ESET NOD32 Antivirus 4.2、F-Secure Anti-Virus 2011、G DATA AntiVirus 2011、K7 TotalSecurity10、Kaspersky anti-Virus 2011、Kingsoft antivirus 2011、McAfee VirusScan Plus 2011、Microsoft Security Essentials 1.0、Norman antivirus & Anti-Spyware 8.0、Panda Antivirus Pro 2011、PC tools Spyware Doctor with AV 8.0、Sophos2 Anti-Virus 9.5、Symantec Norton Antivirus 2011、Trend Micro Titanium antivirus 2011、TrustPort Antivirus 2011

その中で「KINGSOFT InternetSecurity 2011」は前回と同じ全体総合2位を獲得、世界最高クラスである「Advanced+」を受賞いたしました。
他製品の受賞結果が前回8月と比べ大きな変動を示している中で、引き続き高い評価を獲得したことにより、「KINGSOFT InternetSecurity 2011」が、安定した高いセキュリティパフォーマンスを誇ることを証明した結果となります。

※1 PCMark Vantageは、PCのハードウェアの様々なパフォーマンスのベンチマークを測定する世界標準のソフトです。




※AV-Comparatives「http://www.av-comparatives.org/comparativesreviews/performance-tests」より引用

テスト項目および概要
検証機:
Intel Core 2 Duo E8300 machine with 2GB of RAM and SATAII hard disks

検証OS:
Microsoft Windows7

検証項目:
それぞれのウイルス対策ソフト、セキュリティソフトがインストールされた状態で下記について比較検証を行ないました。

File copying
ファイルコピー時のパフォーマンス

Archiving and unarchiving
圧縮、解凍時のパフォーマンス

Encoding / Transcoding
ファイルのエンコード、ファイル変換時のパフォーマンス

Installing / Uninstalling applicationsVisual
C++,.NET Frameworkなどのアプリケーションのインストール、アンインストール時のパフォーマンス

Launching applications
Officeドキュメント、及び PDFファイル(Adobe Acrobat Reader)ドキュメントの起動、及び終了時のパフォーマンス

Downloading files from the Internet
ファイルダウンロード時のパフォーマンス

PC Mark Tests
PCシステム総合ベンチマークソフト「PCMark Vantage Professionalによるテスト(PCのハードウェアの様々なパフォーマンスのベンチマークを測定)

「Anti-Virus Comparatives」とは
Anti-Virus Comparativesは、オーストリアを拠点とする国際的な権威のある独立系ウイルスソフトテスト機関です。Anti-Virus ComparativesのPerformance Testはアンチウイルスソフト、セキュリティソフトのスキャンスピードや他のソフトへの影響などを図る比較TESTです。

「KINGSOFT InternetSecurity」について
「KINGSOFT InternetSecurity」は、更新料0円で無期限にアップデート可能な統合セキュリティソフトです。日本では累計500万人以上、中国をはじめ全世界では2,000万人以上のユーザーのパソコンを日々悪意から保護し、アンチウイルス、アンチスパイウェア、アンチマルウェアの機能と、ファイアウォール、OSの脆弱性を診断するセキュリティケア機能を備えています。「KINGSOFT
InternetSecurity 2011」は最先端のクラウドウイルススキャン技術を搭載し、最新のウイルスの特徴や情報をクラウド側のデータベースに集積し、クライアントPCからリアルタイムでクラウドにアクセスすることで安全性を解析します。また、ウイルス定義ファイルの大半をクラウドに置くことで、インストーラーサイズは約30MB、必要なHDD容量は約96MBと軽く、スキャン時の平均メモリ使用量は約30MB、CPU使用率は約30%とPCへの負荷が低減し、動作が軽くなっています。
「KINGSOFT InternetSecurity」は既知ウイルス検出の認証において世界的権威である「VB100」受賞に加えて、世界的なセキュリティソフトの評価機関であるAnti-Virus Comparativesの「パフォーマンステスト」において、世界最高ランクである「Advanced+」を受賞しています。

キングソフト株式会社について
キングソフト株式会社は、セキュリティソフトとオフィスソフトの両分野において中国でトップクラスのシェアを誇るコンシューマー向けソフトウェア大手である金山軟件有限公司(香港証券取引所上場:3888)のジョイントベンチャーとして設立された会社です。インターネットとソフトウェアを融合させた新しいソフトウェアのスタイルを目指し日本市場で展開しており、パソコンの必須ソフトであるセキュリティソフトは2005年より、またオフィスソフトは2006年よりサービスを開始致しました。セキュリティソフトに関しては2007年の「広告付完全無料版」を発表後、約1年半で広告ユーザーが200万人を突破、現在でも月間約10万人以上の新規ユーザーを獲得しています。オフィスソフトにおいては、昨今の低価格パソコン市場の興隆に伴ない順調にユーザー数を伸ばし、コンシューマー市場(※2)ではシェア30%を突破、また法人市場でも既に3,000社以上の導入実績を誇ります。

※2、2010年5月の「BCNランキング」統合ソフト週間売れ筋ランキングによる。BCNは全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。

ホームページ http://www.kingsoft.jp
本社 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立 2005年3月
資本金 5億6922万円(資本準備金含む)
従業員数 47名(2010年12月16日現在)
代表者 代表取締役 : 翁 永飆
代表取締役 : 沈 海寅
提供製品 キングソフトインターネットセキュリティ
キングソフトオフィス
キングソフト辞書



無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 
スポンサーサイト

セキュリティソフト“AVG”シリーズでPCの再起動が繰り返される不具合

“AVG”の最新アップデートプログラムを適用した64bit版Windowsで発生

(株)コージェンメディアは2日、同社が日本語版を提供しているセキュリティソフト“AVG”シリーズで、特定の環境においてPCの再起動が繰り返される現象が発生していることを公表した。

 本現象は、v10.0.1170のウイルス対策エンジンでのみ発生するもので、以下の製品が該当する。

「AVG Anti-Virus」
「AVG Internet Security」
「AVG Anti-Virus Free Edition」
「AVG Internet Security Business Edition」
「AVG Anti-Virus Business Edition」
「AVG Email Server Edition」
「AVG File Server Edition」
 これらの製品で最新の更新プログラムを適用するとPCの再起動を促されるが、それに従って再起動を行うとPCの再起動が繰り返されてしまい、正常に起動できなくなるという。なお、不具合が確認されている環境は64bit版Windows 7のみ。

 同社では、すでに開発元のAVG Technologisとともに対応を進めており、対応方法が判明し次第公式サイトで告知するとのこと。

【18:20追記】
 2日16:20、同社はWindows XP/Vistaの64bit版でも問題が確認されたことを発表した。また、Windows XPではブルースクリーンが発生することがあるとのこと。同社では現在、問題の発生を引き起こすアップデートプログラムの配布を停止し、不具合の修正に向けて作業を進めているという。




無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

最新セキュリティソフトが「クラウド」対応で軽快に

パソコンに負荷をかけず最新のウイルスも確実に駆除

パソコンユーザーにとって、もはや欠かせない存在となったセキュリティソフト。今年もその最新版が登場した(図1)。今年のキーワードは「クラウド」だ。クラウドは、この1年で急速に認知度が上がったIT用語。データやソフトをネットワーク上に移し、必要に応じてパソコンにダウンロードして使う仕組みのことだ。セキュリティソフトもクラウド機能を採用することで、より快適に使えるようになるという。

従来のセキュリティソフトは、インストールすると、メーカーのサーバーからパターンファイルと呼ばれるウイルス情報をまとめたファイルを、定期的にパソコンにダウンロードし、更新する必要があった。そのため、パソコンの使用中にパターンファイルの更新が始まると、パソコンの動作が遅くなる要因になる。さらに、大量のファイルがHDDにたまり、HDD容量を圧迫する原因にもなっていた。

 しかも「1.7秒に1つ、新しいウイルスが出現している」(マカフィー)といわれる昨今は、メーカーが新種のウイルスに対応したパターンファイルを作成しても、ユーザーのパソコンにダウンロードされるまでに時間差があると、ウイルスに感染する恐れがある。

 そこで効果的なのがクラウド機能を使ったウイルス対策だ(図2)。最新のパターンファイルをメーカーのサーバーに置き、パソコン内に未知のファイルがインストールされそうになったら、ネットワーク経由で瞬時にサーバーに問い合わせる。この仕組みで、最新のウイルスにも対応できる。しかも、パターンファイルを頻繁にダウンロードして更新する必要がなくなるため、パソコンへの負荷が軽減される。さらに、ファイル容量も最小限に抑えることができる。まさに“一石三鳥”というわけだ。

クラウドセキュリティの記事の続きはこちら

無料でもクラウド機能が搭載されたセキュリティソフトもあるのでオススメです!

クラウドセキュリティ搭載!無料セキュリティソフトをダウンロード


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

マカフィー、Android向けウイルス対策ソフトをリリース

マカフィーは12月9日、Android端末用ウイルス対策ソフト「McAfee VirusScan Mobile for Android」を、ソフトバンクモバイルの個人および法人契約者向けに10日から提供すると発表した。

 同ソフトは、ソフトバンクモバイル向けには「スマートセキュリティpowered by McAfee」の名称で提供される。ソフトバンクのスマートフォン契約者向けオプションサービス「スマートフォン基本パック」および「スマートフォン法人基本パック」(ともに月額498円)の1メニューとなり、ユーザーはアンドロイドマーケットからダウンロードできる。

 McAfee VirusScan Mobile for Androidは、Android端末を標的にするマルウェアの検出や駆除、パターンファイルの自動アップデート機能などを搭載している。ソフトバンクモバイルでは、2011年3月に単体サービスとしても提供する予定。

 今年8月には、Andorid端末を標的にした初のマルウェアが報告されている。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1012/09/news036.html


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

偽ソフトの押し売りや「Winny」関連の相談が高水準

情報処理推進機構(IPA)は、11月に同機構が受け付けたウイルスや不正アクセスの届出状況を取りまとめた。相談件数全体は減少しているが、「Winny」や「偽セキュリティ対策ソフトの押し売り行為」に関する相談が増加している。 レポートによれば、11月のウイルス検出数は約3…

続きはリンクからログインしてお読みください。
http://www.security-next.com/016716


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

Drive-by-Download攻撃からダウンロードされる偽セキュリティ対策ソフトなど -マカフィーレポート

マカフィーは、2010年10月のサイバー脅威の状況を発表した。これは、日本国内におけるマカフィーのデータセンターが捕捉したウイルスなどの集計をもとに、各項目ごとのトップ10を算出したものだ。10月は、日本を中心にアジア諸国を中心に、Drive-by-Download攻撃が報告された。また、McAfee Blogでは、銀行のATMに感染するマルウェアなどの報告もあげられている。

ウイルス
10月は、日本を中心にアジア諸国を中心に、Drive-by-Download攻撃が報告された。その攻撃に使用されているウイルスが、3位と4位にランクインしたDownloader-BLV.gen.aとAdClicker-CRである。Drive-by-Download攻撃は、ブラウザを経由し、ユーザーが気がつかないうちにウイルスなどをダウンロードしてしまう攻撃であり、多くの場合で脆弱性が悪用される。Downloader-BLV.gen.aは、Javaの脆弱性の悪用するJS/Redirectorによってダウンロードされたウイルスからドロップ(作成)されるmstmpというファイルで、ダウンローダ型トロイの木馬である(このためmstmp攻撃などとも呼ばれる)。AdClicker-CRは、Downloader-BLV.gen.aによってダウンロードされるトロイの木馬である。

McAfee Labs東京・主任研究員の本城信輔氏によると「検知が亜種別に分かれているためランクインしていませんが、この攻撃で感染する偽セキュリティソフトSecurityToolは、FakeAlert-SecurityTool.a、FakeAlert-SecurityTool.b、…、FakeAlert-SecurityTool.sと、aからsまで亜種名の接尾語が付いた形で検知されます。このSecurityToolは、亜種が日々多量に作成されている偽セキュリティソフトの1つです」とのことである。偽セキュリティソフトSecurityToolは、インストール済みのセキュリティソフトを無効化、さらにはネットワークへの接続も無効化する。偽の感染警告を表示し、駆除には有料版を購入するように促される。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/12/06/mcafee/


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

「パソコンを起動したければ100ドル払え」、相次ぐ“脅迫ウイルス”

米CAテクノロジーズやロシアのカスペルスキー研究所などは2010年11月30日、新たな“脅迫ウイルス”が出現したとして注意を呼びかけた。感染するとパソコンのMBR(マスターブートレコード)を書き換えて、特定のパスワードを入力しないと起動しないようにする。そして、100ドル払えばパスワードを教えると“脅す”。

 パソコン中のファイルなどを“人質”にして“身代金”を要求するウイルスは「ランサムウエア(ransomware)」などと呼ばれる。ransomwareは、ransom(身代金)とsoftware(ソフトウエア)を組み合わせた造語。

 脅迫ウイルスの手口は複数ある。代表的な手口は、パソコンに保存されたファイルを暗号化して利用できなくするもの。元に戻したければ、解読用のパスワードやプログラムを購入する必要があるとして、金銭を要求する。

 ファイルを削除すると脅す手口もある。例えば、身代金が振り込まれるまで、30分ごとに1つのファイルを消去すると脅すウイルスが出現している。

 今回確認されたウイルスの手口は、パソコンを起動できなくすること。パソコンの起動に関する情報が書かれているMBRの内容を書き換えて、特定のパスワードを入力しないと起動できないようにする。

 CAテクノロジーズによれば、今回のウイルスはメールの添付ファイルとして送られてくるという。添付ファイルを実行すると感染。MBRを書き換えてから、パソコンを再起動する。再起動すると、画面には「Your PC is blocked.」といった英文のメッセージが表示され、OSなどが読み込まれない状態になる(図1)。

 メッセージには、「すべてのドライブを暗号化した。パソコンを正常に起動したければ、次のURLにアクセスしてパスワードを入手する必要がある」といった内容が書かれている。

 ほかのパソコンなどでそのURLにアクセスして、メッセージ中のIDを入力すると、「100ドル払えばパスワードを教える」などと記載されたWebページが表示される(図2)。

 セキュリティ企業各社の情報によれば、ウイルスが表示するメッセージには「すべてのドライブを暗号化した」と書かれているが、実際には暗号化していないという。加えて、書き換える前のMBRの情報も保存されているため、復元可能だとしている。

 カスペルスキーが解析したところ、パスワードは「aaaaaaciip」だった。その後、パスワードが「aaaaadabia」の亜種ウイルスも出現している。これらのパスワードで元に戻せない場合でも、同社が無料で提供している「Kaspersky Rescue Disk 10」というツールを使えば復元可能だとしている。

PC onlineより
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20101201/1028877/


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

AKBファンはセキュリティ意識が低い?--カスペルスキー調査

Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は11月29日、同社の個人向けセキュリティソフト「Kaspersky Internet Security 2011」のキャンペーンサイト「AKB48カスペルスキー研究所」を刷新した。同サイト内でウイルスなどのマルウェアへの傾向と対策を発表している。

11月に20~40代の男女を対象としてネット調査を実施。「年末に買いたいもの」とセキュリティ意識を調査したところ(カッコ内の数字はウイルス対策に真剣に取り組んでいる割合)、男性は「お取り寄せグルメ(25.0%)」「書籍・DVD(26.6%)」「TVなどの家電製品(26.8%)」「パソコン・周辺機器(27.0%)」「インテリア用品(28.0%)」という順となった。

 一方、女性は「洋服・靴(7.9%)」「ダイエット関連商品(8.6%)」「イベントのチケット予約(9.5%)」「玩具・ゲーム(9.7%)」「お取り寄せグルメ(10.9%)」となった。ウイルス対策を意識していない男性は4人のうち3人、女性では10人中9人という結果になっている。

 男性1位の「おとり寄せグルメ」購入を予定している人で、「ウイルス対策意識の高い人」と「ウイルス対策意識の低い人」の“AKBファン含有率”を比較してみたところ、ウイルス対策を真剣に考えている人のAKBファン含有率が13.1%であるのに対し、ウイルス対策意識が低かった人では35.7%と高い数字となった。

cnetジャパンより
http://japan.cnet.com/news/business/story/0,3800104746,20423513,00.htm


無料で使えるウイルスソフトランキング(※livedoor LISLOG調べ)





 

| ウイルス対策ソフトを無料で比較 - ウイルスソフトまとめ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。